白内障

キービジュアル

白内障とは

イメージ

眼球内にある水晶体が、老化などによって白く濁ってくる眼疾患です。
私たちが目で見ている映像は、実は目の中の水晶体を通り抜けた光が網膜といういわばスクリーンに当たり、映し出されたものなのです。カメラにたとえれば、レンズとフィルム(デジカメの場合はレンズと内部にあるイメージセンサー)の関係となります。
水晶体が濁ってしまうことは、カメラのレンズが曇った状態と同じです。水晶体で光が散乱するようになるため、物が白くぼんやりと霞んで見えたり、光がひどくまぶしく感じられるなどの症状が出現してきます。
そのまま症状が重くなった場合は視力はさらに低くなり、眼鏡でも矯正しきれず、日常生活に不都合が生じてきます。

白内障の原因

白内障という病気の本体は、前記のように水晶体の濁り、つまりはたんぱく質の変性です。濁りはいろいろな原因で生じてきますが、何と言っても多いのが、加齢によるものです。
ほかにも、糖尿病などの全身性疾患、けが、薬剤、紫外線、喫煙習慣などが挙げられます。

白内障の主な症状

  • 視界が白く霞んで見える
  • 以前に比べて光がまぶしく感じられる
  • どんなに矯正してもメガネが合わない
  • 物がぼやけて二重、三重に見える
  • 視力の低下 など

白内障の検査

水晶体を観察したり(視診)、視力検査で目の見え方に異常が無いかを調べたり、細隙灯顕微鏡(さいげきとうけんびきょう)によって水晶体の濁りを検査したりします。

白内障の治療

初期、あるいは濁りの具合が軽度のようなら、経過を観察します。
白内障の治療として点眼薬や内服薬が処方される場合がありますが、こうした薬は白内障の進行をある程度遅らせることはできますが、通常の生活が困難な程度に白内障が進行してしまったら、多くの場合、手術療法が検討されます。
原発閉塞隅角緑内障に対する治療として白内障手術が選択される場合もあります。