糖尿病網膜症

キービジュアル

網膜などに障害が起こってくる

イメージ

糖尿病の三大合併症の一つで、腎症、神経障害と並んで挙げられる病気です。働き盛りの年代を襲いがちな糖尿病網膜症は「中途失明」が多く、たいへん厄介です。罹病期間が長いほど発症率も高く、血糖コントロール不良の状態が長期(5~10年ぐらい)にわたると多くの場合、網膜をはじめ目の組織に様々な障害が起こってきます。目に特に異常が感じられなくても、糖尿病の患者さんは半年~1年ごとに眼科を受診してください。

糖尿病網膜症の検査

眼底検査によって網膜の状態を調べたり、光干渉断層計(眼底に近赤外線を当て、その反射波を解析して、網膜の断層像を描出する装置)によって目の中の状態を調べたりします。

病期によって異なる症状とその治療

糖尿病網膜症は、下記のように「単純」「増殖前」「増殖」の病期に分けられ、この病期に応じて治療法も、それぞれ変わってきます。また、視力低下を引き起こす「糖尿病黄斑浮腫」はすべての病気で起こることがあります。

単純糖尿病網膜症

症状としては、小さな眼底出血や白斑が見られますが、自覚症状はありません。
治療の必要は無いのですが、定期的な経過観察が必要です。3ヶ月に1回程度、受診しましょう。

増殖前糖尿病網膜症

症状としては、小さな眼底出血に加えて、網膜における血液の流れが悪くなります。視力が低下しないことも多く、自覚症状が無い場合もあります。
放置すると増殖網膜症に進行しやすいため、血流不足で酸素や栄養不足になった部分の網膜にレーザー治療を行う必要があります。1ヶ月に1回程度の受診を要します。

増殖糖尿病網膜症

眼内に広く出血する硝子体出血や増殖膜ができて、それによる牽引性網膜剥離、難治な血管新生緑内障など、様々な状態が引き起こされます。
治療としては、レーザー治療はもちろん必要ですが、進行を阻止できない場合は、硝子体手術が必要になります。

糖尿病黄斑浮腫

網膜の中の視力に関して重要な部分である黄斑部に、血液成分が染み出てむくみが生じた状態です。黄斑部にむくみが出てくると、急に視力が低下することがあります。レーザー治療、注射による薬物治療、硝子体手術などを行います。