ドライアイ

キービジュアル

ドライアイは疲れ目の原因

イメージ

昨今、パソコンやスマートフォンなどの携帯端末の利用により目をよく使う機会が増えています。それに伴い、日常的に目が疲れやすかったり、目が重い、あるいは何となく目に不快感を覚えるという人が急増しています。
目に嫌な感じがあり、気になりだすと、仕事だけでなく日常生活にも不便を感じますし、頭の痛みや肩のこり、気分の悪さ(嘔吐感)などの症状に悩まされたりすることもあります。
こうした疲れ目の原因で、このところクローズアップされているのが「ドライアイ」(目の乾き)という症状です。
目が疲れやすいと感じている方の原因には、過度に目を使ったためばかりでなく、ドライアイが関係している可能性が考えられます。

眼球表面を潤す力が低下

ドライアイとは、目を守っている涙の量が少なくなったり、量は十分でも涙の質が低下したりすることにより、眼球の表面を潤す力が低下した状態です。目の表面に無数の傷がついたりする場合もあります。また、目に入ってきた細菌や花粉などの異物を涙ですぐに洗い流すことができなくなり、感染症やアレルギーなどの炎症が起こりやすくなります。
目が疲れやすい、目が乾く、物が霞んで見える、目がゴロゴロする、などのちょっとした不快感は、早めの診断と治療によって改善することが多いので、ご相談ください。

ドライアイの検査

涙の量を調べる検査としては「シルマー試験」が一般的です。専用の細い濾紙(涙紙)を眼の涙点上にはさんで瞼を閉じ、5分間でどのくらいの長さ分の涙がしみ込んでくるかを調べる検査です。
目の表面の状態の検査には、フルオレセイン(黄色い染色液)の点眼により眼球表面を染め、スリットランプと呼ばれる顕微鏡を使って調べる方法がよく用いられます。角膜や結膜に傷や凹凸などがあると、その部分が染まって見えます。また、同じ染色液で涙の安定性を測る検査(涙液層破壊時間(BUT)検査)も行われます。瞬きをしないで目を開けたままの状態で、涙の層がどのくらいの時間で壊れるかを、細隙灯顕微鏡で観察・測定する検査です。
いずれの検査も比較的短時間で済み、痛みなどは伴いません。

ドライアイの治療

症状が軽い場合は、潤いを与える点眼薬で緩和させます。人工涙液、ヒアルロン酸製剤(保湿効果があります)、ムチン(粘膜から分泌される粘液の主成分)や水分の分泌を促進する点眼薬、ムチンを産生する点眼薬などが用いられます。
また、涙の出口である涙点に栓(涙点プラグ)をして、涙が鼻涙管から排出されないようにする治療が行われることもあります。

こんな症状が気になりませんか

  • 疲れ目に困っている
  • 目ヤニが増えた
  • 目を動かすと違和感がある
  • 目が重たく感じる
  • 目が乾燥したように感じる
  • 目に不快感を覚える
  • 目が痛む
  • 思わずこすりたくなるほど目のかゆみがある
  • わけもなく涙が出てしまう
  • 見る物がぼんやりと霞んだように見える
  • 光がひどくまぶしい
  • 目が赤く充血する

※上記12項目のうち「5個以上」が当てはまるようなら、ドライアイの可能性があります。