眼瞼下垂

キービジュアル

眼瞼下垂とは

眼瞼下垂(がんけんかすい)は、文字通り瞼(まぶた)が垂れ下がって、目が開きにくくなる病気です。
見た目の問題だけでなく、視界が悪くなり、眉を上げて物を見るようになります。原因としては、生まれつき発育が悪いなど先天性の場合もありますが、加齢により瞼を持ち上げる筋肉(眼瞼挙筋:がんけんきょきん)の付着部(腱膜部)が伸び、上げる力が低下して瞼が下がってくるケースが多く、コンタクトの長期装用(ハードが多い)でも見受けられます。
手術を行うと、ひたいや首、肩に余計な力が入らなくなるので、肩こりや頭痛などの改善が期待されます。また視界が明るくなることから、気分的にも晴れやかになるようです。

眼瞼下垂の治療

イメージ

当院での眼瞼下垂の治療は局所麻酔下で出血の少ない炭酸ガスレーザーを使用して行います。所要時間は片目につき約30分で「日帰り手術」になります。手術痕も目立ちません。

眼瞼下垂の手術

眼瞼下垂の手術法は、下記のように症状の状態によって異なってきます。

まぶたを挙げる力が多少なりとも残っている場合

弛んだ筋肉を縫い縮めることによって、本来の機能を回復させます。

老化によって皮膚が垂れ下がっている場合

余分な皮膚を切除し、縫合します。

  • 術前

  • 術後

手術費用

  • 手術費用(片眼)1割負担 7,500円程度、2割負担 15,000円程度、3割負担 22,500円程度。
  • 手術費用(両眼)1割負担 15,000円程度、2割負担 30,000円程度、3割負担 45,000円程度。

*別途 診察、薬代など

70歳以上の方は、窓口でのひと月の支払い限度額の適応があります。
(1割負担12,000円、3割負担44,400円等)

眼瞼下垂の手術後

手術当日は入浴ができません。手術翌日から、首から下の入浴は可能になりますが、洗顔・洗髪は2日間ほど行わないでください。また、回復に支障をきたすことがありますので、お酒やたばこは1週間ほど控えるようにしてください。
まぶたは腫れやすい組織ですので、一時的に腫れたり、内出血して紫色になったりすることもありますが、1〜2週間経てば元に戻ります。
抜糸は、術後約2週間後に行います。

「メオアイス」について

イメージ

イメージ

手術当日はできるだけ安静にして、手術後の腫れを緩和するために、目の周りを冷やすことが大切です。その後の腫れが違います。アイマスクタイプの「メオアイス」ならば、手で押さえる必要がなく、適度に圧迫しながら冷やすことができます。
費用:2,000円(税込)

手術後の検診について

術後は、下記の日程でご受診ください。

  • 翌日
  • 抜糸時(約2週間後)
  • 1ヶ月後

※以降の検診については、患者様の状態によりますので、医師の指示に従ってください。