プラセンタ

キービジュアル

プラセンタとは

イメージ

「プラセンタ」とは“胎盤”のことです。胎児を保護し、健やかに成長させるために妊娠中につくられる生命の源とも言える臓器であり、出産と同時にその役割を終えて体外に排出されます。
そのためプラセンタには、受精卵1個をたったの10ヶ月程度で平均3kgにまで育て上げるのに必要な栄養素(ヒアルロン酸、コラーゲン、各種必須アミノ酸、たんぱく質)と成長因子(胎児が子宮の中で驚異的とも言える成長を遂げるために必要とされる成分)が含まれています。
そんなプラセンタは、体内環境を調整する作用をもち、組織を本来あるべき状態に修復・再生しようとする大きな力を発揮します。

いろいろな眼疾患にも有効

もともとは肝機能改善薬として認可された注射薬なのですが、アンチエイジング(老化防止)に役立ち、若返り効果や美肌作用があるため、美容目的で使用されることも多く、また、疲労回復、胃・十二指腸潰瘍、更年期障害、慢性肝疾患、アレルギー性疾患、皮膚トラブルなどを対象とした医療用目的にも近年盛んに用いられています。
眼科領域では、下記のような疾患・症状に効果が期待できます。ご希望の方は、お気軽にご相談ください(自費診療)。

プラセンタの有効な主な眼疾患

  • アレルギー性結膜炎
  • 角膜炎
  • 眼精疲労
  • 視力低下
  • 白内障 など